“元アマゾン”が教える、Amazonで騙されないようポチる前に確認すべき3つのポイント→ネット民「勉強なりました」の声

2020/5/27 21:43ヤタローヤタロー


ネット通販サイト「Amazon(アマゾン)」には、実にさまざまな商品が販売されていて、激安商品を見つけるとつい衝動買いしたくなってしまいますよね。

でも、一部の「マーケットプレイス」(Amazon以外の出品者が販売している商品の売り場)には、粗悪品を販売したり、サクラレビューを使って不正に評価を上げたり、そもそも品物を送らないといった悪行を行う業者も存在します。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




「元アマゾン」だという投稿者さんによると、Amazonで「ポチる前に確認してください」として次の3つのポイントを挙げています。それは、①商品名の先頭が「メーカー・ブランド名」であること、②写真の1枚目は「商品単体のみ」であること、③レビュー分布が「F型」(5→1の順に少なくなる)のものは怪しい——だそうです。

①②ができていない場合は「規約違反」なので怪しい業者の可能性が高いとのことです。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。

















元ツイートに挙げられていた3つのポイントのうち、『①商品名の先頭が「メーカー・ブランド名」』というのは、例えば、商品名が【2020令和版】などで始まるものは規約違反なのだそうです。でも、大手ブランドであっても守られていないものがありますよね。

規約違反をしていると自覚がない可能性があります。もし規約違反をしても何の処分もないのだとすれば、何の意味もありませんよね。ちなみに、メイン画像に文字が入っているのも規約違反とのことです。

また、F型のレビューが怪しいというのは、サクラレビューは星5つのレビューを付けるように仕込まれているうえ、「星5つのレビューを書けばギフト券1000円分プレゼント」などと書かれた紙が商品に同梱されている場合もあり、こうした理由のためでしょう。ただし、本当に良い商品でもF型になる可能性もありますので、「サクラチェッカー」も併せて利用するといいでしょう。


(いまトピ編集部:ヤタロー)