銀座で「マスクを無償配布」している女性に、その理由を尋ねたら…→ネットでは賛否両論

2020/2/26 22:30 ヤタロー ヤタロー

新型コロナウイルスによる感染が猛威をふるう中、街ではマスクの品薄状態が続いています。マスクの生産工場では24時間体制で増産を続けているそうですが、注文の多さに供給が追いついていないそうです。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者のnanaさんが銀座を歩いていたところ、マスクを無料配布してる女性がいたそう。nanaさんが「なぜマスク配ってるんですか?」と尋ねたところ「私達は中国人です。中国の方が迷惑をかけちゃって、東京はマスクが足りなくて、マスクをできてない人が多いから配ってます」と返ってきたそうです。


nanaさんは「悪いのは菌であって決して中国の方ではない」と述べています。


また、投稿されている画像に写っているプラカードには、「感謝日本」「中国加油」「年寄りや日本人の方優先する!」「中古アプリから購入した新品マスクです」「マスク入手困難の方是非お持ち帰りください」などと書かれています。

この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。











一方で、こんな意見もあります。








新型コロナウィルスの感染源が中国の武漢と見られることから、中国人に対して嫌悪感を抱く人も少なくないと思いますが、投稿者のnanaさんが仰るとおり悪いのはウイルスであって決して中国人ではないんですよね。中国人でさえ入手しづらい状況なのに、日本人優先に無償でマスクを配布するなんて驚きです。

一方で、流通ルートのわからないマスクを知らない人からもらって着用するのは危険だという声も少なくありません。確かに、世界的にマスクが入手困難に陥っているのに、こうして無償で配布できるほど多くのマスクをどのように入手したのか…と慎重になるのも無理はないですよね。

プラカードに書かれているとおり、フリマアプリで買ったのだとしたら、高額転売のものを購入したということですのでかなりの大金を支払っていることになります。日本人のためにそこまでしてくれたのなら、感謝しかないですよね。


(いまトピ編集部:ヤタロー)