アメリカ人が鯛焼きに◯◯を塗るという悪いことをしていたので真似してみたら…→ネット民「凶悪」「合法ドラッグ」

2020/2/14 22:30 ヤタロー ヤタロー

そのまま食べることを前提とした食べものに、何か調味料を掛けたり付けたりする人も少なくないでしょう。意外と思われる組み合わせが、実際にやってみると美味しくなることだってあるんです。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者の菊タローさんによると、隣に座っていたアメリカ人のおばあちゃんが、鯛焼きにバターを塗って食べていたので真似してみたそうです。そして、「これは悪い。悪過ぎる。優勝。これは実刑モンだから、みんなは絶対やっちゃダメだぞ!絶対な!たい焼き買って帰ってオーブントースターでカリカリにしてからバター塗るなよ!」とつぶやいています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。

















鯛焼きにバターって確かに美味しそうですね。投稿者さんが仰っているように、買ってきた鯛焼きをオーブントースターでカリカリに焼いてからバターを塗って食べたら…想像しただけでヨダレがでてきそうです。

名古屋の「小倉トースト」は、焼いたトーストにバターを塗り、餡子(あるいはマーガリン)をのせたものですが、これがメチャクチャ美味しいのです。以前はゲテモノ扱いされていましたが、今ではコンビニでも「小倉&マーガリン」が販売されていますし、全国区になりつつある印象じですね。

名古屋と言えば、冷やし中華にマヨネーズを付ける食べ方もあるそうですが、こちらは東海地方、東北地方、鹿児島なども定番のようです。「えっ?冷やし中華にマヨネーズ?」と思うかもしれませんが、試してみると意外と美味しいかもしれませんよ。


(いまトピ編集部:ヤタロー)