「夜行バス+スーパー銭湯」よりも新幹線のほうがコスパ良い?→ネット民から有益情報がぞくぞく

2020/1/28 23:12 ヤタロー ヤタロー

「夜行バス」のメリットと言えば、時間を有効に活用できることでしょう。寝ている間に目的地に到着できるので、朝から現地で活動する場合でも前日入りしてホテルに泊まる必要がないのは良いですよね。また、到着後に入る銭湯も気分が良いものです。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者さんは、「1万円の夜行バスに乗ったあと2,000円のスーパー銭湯に入るぐらいなら、家でシャワーを浴びて13,000円の新幹線に乗ったほうがコスパが良い気がする」とつぶやいています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。


















高速バスのメリットのひとつに価格が安いことがありますが、2列シートや3列シートを使った豪華なバスは値段も跳ね上がります。元投稿には「新幹線13000円」と書かれていますので、ここでは京都〜東京(自由席13,320円)として仮定すると、たとえば京都〜東京の夜行バスの場合、ゆったり仕様のシートだと1万円を軽く超えてしまいます。また、4列シートは激安ですが移動時間が9時間以上と長いため、腰が痛くなったり、ゆっくり寝られず翌日に寝不足になるといったことがあるかもしれません。

一方、新幹線の場合は京都〜東京は約3時間とかなり短時間で着いてしまいますので、豪華シートの夜行バスに乗ってスーパー銭湯に入るぐらいなら、確かに新幹線のほうがコストパフォーマンスが高いかもしれませんね。

なお、新幹線のチケットとホテルを同時に予約できるセットプラン(日本旅行やJTB、HISなどさまざまな旅行会社が主催しています)を利用すると、新幹線代とホテル代がお得になるそうです。


(いまトピ編集部:ヤタロー)