マスクをしても眼鏡が曇らない「神の液体」が話題→ネット民「素晴らしい」「良いこと聞きました」の声

2020/1/26 23:13 ヤタロー ヤタロー

風邪やインフルエンザの予防のためにマスクを付けている人は多いと思いますが、めがねをかけてマスクをすると自分の息でめがねが曇ってしまうことがあります。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者さんは、「眼鏡が全く曇らなくなる神の液体」として、メガネのくもり止め「フィッティPLUS+」を紹介しています。マスクを付けたときに眼鏡が曇ることがまったくなくなるそうで、「アシタカレベルの曇りなき眼になる。」とのことです。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。















この「フィッティPLUS+めがねのくもり止め」という商品、公式Webサイトによると、「マスク着用時にメガネがくもりやすくなる不満を解消」することに特化しためがねのくもり止めのようです。レンズに垂らして拭くだけで、フッ素化合物がレンズに密着し、くもり止め効果が24時間以上が持続するそうです。また、レンズの汚れなども落とすことができるため、めがねクリーナーとしても使えるのだとか。約60回分(容量8mL)入りで、価格は税別630円とのこと。



ちなみに、くもり止めがないときに簡単にマスクによるめがねの曇りを軽減する方法として、「マスクの上部を内側に折る」もしくは「マスクの内側にティッシュを添える」という方法があるそうです。私も実際にティッシュを四つ折りにしてマスクの内側に挟んでみましたが、確かに効果はありました。マスクが曇って困ったときは試してみてください。


(いまトピ編集部:ヤタロー)