アマゾンでの販売業者が中国業者かどうかを見抜く方法→ネット民「覚えておこう」「勉強になります」の声

2019/11/30 22:30 ヤタロー ヤタロー

ネット通販サイト「Amazon(アマゾン)」には、実にさまざまな商品が販売されていて、激安商品を見つけるとつい衝動買いしたくなってしまいますよね。

でも、アマゾンに出品しているごく一部の中国業者は、いわゆるサクラレビューを使って不正に評価を上げたり、粗悪品を売ったりといった悪行が目立つようになりました。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者のHitoMatsuさんは、一度中国の業者に騙されてしまったそう。それ以降、Amazonで商品を選ぶ時は、発送する会社を必ず確認するそうです。「◯◯.jp」「YAMADA store」とか「佐藤量販店」のように、あたかも日本の会社のような店名がついていても、電話番号の頭に「+86」(中国の国番号)が付いている場合は中国の会社とのことです。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。











ひとくちに中国の業者といっても、まともな商品を販売しているところが大半なのですが、たまたま粗悪品を掴まされたりすると信用できなくなるのは当然のことでしょう。

また、中国から発送されるものは到着がすごく遅くなることがありますし、購入した商品に不具合があったときに日本語でのサポートが不十分なこともあるので、「できれば中国業者から買うのは避けたい」という人も少なくないでしょう。

Amazonの商品ページにある「この商品は、◯◯が販売します」と書かれた文字をクリックすると、その販売業者の詳細が表示されます。そこに記載されている「お問い合わせ先電話番号」の頭をチェックすると、「+86」かどうかがわかります。

なお、「Amazon.co.jp が発送します」と書かれている場合は、マーケットプレイスの出品者が配送をAmazonに委託し、商品はAmazonの倉庫に置かれていますので、商品が届かないといった恐れはありません。


(いまトピ編集部:ヤタロー)