「スタバのカード」をあまり親しくない人から贈られたときは要注意!→ネット民「怖すぎて震えました」

2019/11/13 22:30 ヤタロー ヤタロー

人気カフェ「スターバックス・コーヒー」には、お店で利用できるプリペイドカードが販売されています。デザインも種類もいろいろあって、ちょっとしたプレゼントにも適しています。ただし、このカードをあまり親しくない人から贈られた場合、注意する必要があるようです。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。





投稿者さんによると、スタバのカードを差し入れなどでもらった場合、チャージできるタイプのものはプレゼントした人がもらった人の使用履歴を参照することができるため、その人の生活圏を特定できてしまうそうです。

また、投稿者さん自身も、以前もらったスタバのカードをその日のうちに落としてしまったそうなのですが、後日、贈り主から「スタバとか普段使わないの?」と聞かれたことがあるそうです。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。












新品のスタバカードの裏には「PINコード」が記載されていて、お店で販売されている未使用の状態ではコインで削れる「銀色のスクラッチ」で覆われているそうです。

その後、使う人がネット上でカードを登録する際にこのPINコードを入力することで使えるようになるそうなので、もしPINコードが見える状態のカードをもらったときは、贈り主がその使用履歴をいつでも閲覧できてしまうそうです。

怪しいと思ったら用心して使わないか、あるいはその日のうちに自分の生活圏以外で使ってしまうのが良さそうですね。

(いまトピ編集部:ヤタロー)