元クラスメイトからの久々の連絡には気をつけよう→ネット民「100%間違いない」「あるある」の声

2019/11/8 20:58 ヤタロー ヤタロー

大人になると、学生時代の元クラスメイトから突然連絡がくることがあります。時には、それほど親しくなかったクラスメイトから連絡がきてしまう場合もありますが、そんな時は注意したほうが良いようです。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者さんは、学生さんに対するアドバイスとして「元クラスメイトからの久々の連絡には気をつけよう。俺は今幸せなんだ、会ってもらいたい人がいるなどと言いだしたら、マルチ商法に勧誘してくる合図。そんな儲け話に乗ってはいけない」と訴えています。実際に投稿者さんは3人くらいから誘われ、全員が借金まみれになっていたそうです。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。

















元クラスメイトからの連絡って、だいたいマルチまがい商法や新興宗教への勧誘、自己啓発セミナーへの誘い、特定の政党への選挙投票、キックバックのある商品販売会への誘い…といったことが多いですよね。多くの場合、その元クラスメイトは海外旅行や高級車などの話をして、お金がたくさんあること、良い暮らしをしていることをアピールしてくるんですよね。


また、電話などでは内容を語らずに「相談したいことがある」とだけ言われる場合も要注意です。わたしも以前、元クラスメイトが指定した待ち合わせ場所に行ってしまったところ、某マルチ商法へ勧誘目的の人々が集まる喫茶店でした。もし誘われたときは、その古いクラスメイトは洗脳されている状態なのですから、「昔の友人」とは別人だと割り切ってきっぱり断りましょう。


(いまトピ編集部:ヤタロー)