年配男性「妻が倒れて入院して」と落ち込む→その理由にネット民「クズじゃん」「開いた口がふさがらない」の声

2019/11/6 22:30 ヤタロー ヤタロー

長年連れ添ってきた奧さんが急に倒れたら、旦那さんが心配するのは当然のことでしょう。でも先ず考えてしまうのが「自分の不安」だとすると、それはちょっと考えものですよね。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者の豆大福さんによると、年配の男性が「妻が倒れて入院して」と落ち込んでいたそう。でもその後「口答えしないし体が丈夫そうだったからもらってやったのに俺より先に倒れるなんて」「俺の介護はどうするつもりなんだか」「子供たちは妻にばかりつきっきりで自分には見向きもしないんだ、ひどいだろ」と続いたそうです。豆大福さんは「多分自業自得だと思う」とつぶやいています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。
















昭和の男性って、自分の気持ちを素直に人に伝えることができず、照れ隠しで奧さんを侮辱するタイプの人もいますから、こうした発言をどこまで本気で言っているのかはわかりませんが、倒れた奥さまが聞いたら激怒しそうな内容ですよね。

こうしたモラハラが日常的に続いていたり、相手への愛情が完全に冷めてしまった場合、「熟年離婚」するという手もありますよね。熟年離婚してしまえば、相手だけでなく相手の親などの介護等の問題から解放されるというメリットもあります。ただ、孤独感や経済的な問題。家事のことなどさまざまなデメリットもありますので、勢いで離婚を成立させてしまうのはやめたほうがいいでしょう。


(いまトピ編集部:ヤタロー)