警視庁が「◯◯付きリュック」が災害時にとても役立つとTwitterで推奨→ネット民「映画で救助されるシーンありました」

2019/9/20 14:18 ヤタロー ヤタロー

災害はいつどのような状況で起こるかわかりません。地震などで予期せず身動きがとれない状況に陥ってしまったとき、自分の居場所を知らせるのに「笛」が有効だそうです。でも、笛をいつも持ち歩くというのはなかなか難しいものです。


Twitterでは、警視庁警備部災害対策課が投稿したこんなツイートが注目されています。





警視庁警備部災害対策課が薦めているのは、笛が付いているリュックサック。これならリュックを背負っているときであれば、いつでも笛が吹けますよね。「次にリュックサックを購入する際の参考として下さい。」とツイートしています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。






また、以前、警視庁警備部災害対策課がTwitterに自分の居場所を知らせる有効グッズとして紹介した「笛」のツイートはこちらです。





ショッピングサイトで「笛付きリュック」を検索してみたところ、多くの商品がヒットしました。その多くは、バックル部分そのものが笛になっているので、ブラブラすることもありませんし、特に意識せずリュックを背負うことができそうです。

また、災害用としてだけでなく「防犯用」としても使えそうですね。キッズ向けの商品もあるようですので、お子さん用のリュックを次に買い換えるときは災害時に備えて笛付きリュックを選んでみてはいかがでしょうか?

また、リュックサック以外にも、笛付きキーチェーン、笛付きパスケース、笛付きピルケース、笛付きライフジャケット、笛付き傘など、さまざまな「笛付き」グッズがあるようですので、普段持ち歩いているアイテムに笛付きのものがあるかどうか調べてみましょう。ただし、子供向けの笛付きサンダルは、歩くとピコピコと音が鳴るものですので間違えないように気をつけて下さいね。


(いまトピ編集部:ヤタロー)