虐待児の名前には「◯」という字が入っている率がやたら高い→その理由にネット上で賛否両論の声

2019/9/9 22:49 ヤタロー ヤタロー

赤ちゃんが産まれたとき、パパやママが最初にプレゼントするのがその子の「名前」です。名付けをするときは、その子が素敵な人生を歩めるようにと願いを込めて考えますよね。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者さんによると、虐待児の名前には「愛」が入ってる率がやたら高いそうです。昔テレビで「名前に込められた意味は、親の気持ちというよりも、その名の持ち主が人生で欲するものになる」 みたいなことを言ってたのを思い出すそうです。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。

















報道される虐待のニュースでの被害者には確かに「愛」という漢字が含まれている子が多い気もしますが、これって愛がつく名前がどの年代でも多いということも理由のひとつだと思います。

名前に愛が付いているからといって「その子が欲するものになる」という根拠もありませんし、投稿者さんも「ただ内容を思い出したと述べているだけで、別にオカルト愛好家でもない」とのことです。


(いまトピ編集部:ヤタロー)