医師「魚の骨は本当に怖い」「エビの尻尾も危険」…→ネット民の衝撃的な体験談ぞくぞく

2019/9/6 19:30 ヤタロー ヤタロー

魚の骨をうっかり飲み込んでしまい、喉に引っかかった経験はありませんか?ひと昔前なら「魚の骨が喉に引っかかったぐらいで大げさな…」と一蹴されてしまいそうですが、場合によっては命に関わることもあるので軽く見てはいけません。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。





開業医のドクターである投稿者さんは、研修医の時に内視鏡で食道を貫通していた魚骨があり、上司に抜いた方がいいか尋ねたところ、「手術の可能性もある」と言われ、CT検査のあと開胸手術になったそうです。

また、そのツイートに対し、総合外科医のドクターである投稿者さんが「魚骨は本当に怖い」とリプライしています。法医学の授業で大量の血液まみれて自宅で死亡している症例が取り上げられたことがあったそう。解剖の末に特定された死因は、鯛の骨が食道を貫き胸部大動脈に達し、大量に出血を来たしたというものだったそうです…。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。















このエピソードで内視鏡検査を受けた患者さんは、「物が飲み込みにくい」と症状を訴えていたそうです。魚の骨が喉に刺さると、違和感や痛みを覚えるほか、刺さった部分に炎症が起こって喉が腫れたり発熱するといった症状がでる場合もあるそうです。

魚の骨が刺さった場合、耳鼻咽喉科で口から見える位置にある骨を専用の器具で取り出してくれるそうですので、まずは耳鼻咽喉科を受診しましょう。

なお、魚の骨が喉に刺さった場合の対処法として、「ごはんの丸飲みする」と言われることがありますが、それで取れるという根拠はないそう。むしろ丸飲みすることによって窒息したり、骨がさらに深く刺さってしまう可能性があるそうですので、避けた方がよいそうです。

(いまトピ編集部:ヤタロー)