まさかダイソーに!英語の読み方がガチすぎる『こどもはじめてずかん』に驚きの声

2019/6/30 09:00 青山ユキ 青山ユキ

ダイソーで販売されている『こどもはじめてずかん』の英語の読み方が話題になっています。


『こどもはじめてずかん』は食べ物などのイラストに、その名前と英訳、ひらがなで英語の読み方が書かれた、子ども向けの図鑑。英語の読み方が実際の発音に近くなるように工夫されていることで、大きな話題となっています。


ツイッター上では、感心する声が続々と寄せられていました。

・キャベツのように、カタカナ英語で生活してる言葉は、こういうのありがたい
・これくらいの方が実際の英語に近い発音になりますね。 昔の人もウォーターをワラと発音してたと記録が残っています。(今でもワラで通じます)
・音と音がくっつくことを意識すると発音にも納得。なるほどとスペルを見ると頷ける。日本人の使う片仮名英語が通じにくいわけだ
・(合ってるかは知らないけど)初等教育からカタカナ和製英語を撲滅する流れは賛成
・中学生の時にこれ知ってれば、発音に困らなかったのに(笑)


また、「こういう教材がまさかダイソーにあるとは」と驚く声もあがっています。

・こういうのを探してた。まさかダイソーにあるとは…発音て、慣れるまで発音記号や動画でも、音の再現の仕方が解らなすぎるんよね。
・ダイソーってオリジナル企画も多くて、一つ抜けているんだよな~。


『こどもはじめてずかん』シリーズは話題になった「たべもの」の図鑑の他に、「どうぶつ」「のりもの」もあるようです。



大人が読んでも新たな発見がありそうなダイソーの『こどもはじめてずかん』、ぜひチェックしてみてくださいね。

(青山ユキ)


【関連記事】
名前のない家事を抹殺!100円ショップの「あのアイデア商品」が話題「家事の合理化大賞とかあげたい」
「ゆるぷに」「とぅるんとぅるん」ローソン『カフェゼリーラテ』が美味しい!
ユニクロ「ウエストバッグ」が使いやすいどころの騒ぎじゃない!3WAY仕様でコスパも最強だと話題に
これは革命! セリアの長細い『フリーザーバッグ』に「こういうの欲しかった」の声
コンビニ弁当に入っている卵黄、実は…「マジで知らなかった」驚きの声