お金が貯まらない人の特徴→「卵の安売りは遠くのスーパーまで買いに行くが、◯◯を買うのはノリと勢い」に賛否両論

2019/5/29 16:49 いまトピ編集部 いまトピ編集部

お金が貯まる人とお金が貯まらない人とでは、普段のお金の使い方が大きく異なるようです。お金がない人は、普段から節約しているつもりでもその方法に問題があるのかもしれません。


Twitterでは、事業家 (@Midnight_Tokyo)さんが投稿したこんなツイートが注目されています。




投稿者さん曰く、貧乏な人の特徴は「卵の安売りは遠くのスーパーまで買いに行くが、家の購入はノリと勢いで決める」という点だそうです。つまり、数百円の金額については知見があるので意思決定ができるが、数千万の金額については知恵も判断能力も皆無なので適当に決めるしかなく、結果的に損をするのだそうです。また、成功者はその逆とのこと。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。










一方で、こんな意見もあがっています…。






確かに、卵が10円安いからと遠くのスーパーまで出かけて行列に並んだり、ガソリンが1円安いからとわざわざ大回りしたりするのってナンセンスですよね。でも、どう考えても合理的ではないことはわかっているのに「◯◯円安く買えた」ことに快感を覚えるという人が少なからずいるのも事実。

いつもより安く手に入れることで節約するのって、結構楽しいですからね。あくまでも娯楽として楽しんでいるのなら、他人がとやかく言うことではないかもしれません。

同様に、パチンコに1万円つぎ込むのは平気でも、有料アプリに120円使うのは躊躇している人も多いのではないでしょうか。価値観や達成感は人それぞれですからね。


(いまトピ編集部:ヤタロー)