3つ目の「力」は…

2019/5/28 12:15Tak(タケ)Tak(タケ)

「行動力、「実力」と2つまで田村大さんの「力」を紹介して来ましたが、最後の力は「求心力」です。

【田村大の「力」その3】「求心力」

彼の有する「求心力」は、「引力」「活力」「向上力」そして「潜勢力」をそれぞれ含んでいます。「大統領の求心力が低下した。」などと使われるこの言葉。



勿論彼の場合には「他人を引きつけ、その人を中心にやっていこうとさせる力。」そのままプラスの意味です。

これまで田村さんのサクセスストーリーを紹介して来ました。彼の努力が根底にあることは当然ですが、周りにいる人間を動かす力があるように思えてなりません。

例えば、カリカチュアの世界チャンピオンになったのには、筆がたつことだけでなく高いコミュニケーション能力があったからこそ。



ただ顔を似せて描くだけでは限界があります。そこで会話をしながらその人となりを探り、内面までも表現したのです。

内に潜み表に現れない潜勢力を掘り起こし、作品の魅力に転化する。NBAの選手を描いた近年の作品もそうした魅力で溢れかえっています。



彼がモノでななくヒトを描くのにはここに大きな理由があるのではないでしょうか。モノと心を通じ合わせるのは難しいですからね。

そういえばインタビューで「日本にはスーパーヒーローがいないんです。」と話していました。曰く、「アベンジャーズ」でもそうですがアメリカでは、大人がヒーローたちに憧れるのに対し、日本は日曜の朝に子供たち向けの番組があるだけです。



そんなヒーロー不在の日本の大人たちに向け、NBAの選手や歌舞伎役者をスーパーヒーローとして、とにかく格好よくみえるように描いているそうです。

インフルエンサーのあげた写真に義理でいいね!をしているのではなく、田村さんの作品には心のそこからいいね!を押したくなるのは、彼が「求心力」を有している証左です。


田村大(dai.tamura)Instagramアカウント

今後は絵の幅を広げていき、日本のアートの分野で自分の力を試したいとのこと。まだ若干36歳。持ち前の3つの力を発揮すれば数年もかからずにメジャーな存在になっていることでしょう。すでに各国からオファーが来ています。

若冲作品の前で辻惟雄先生と山下裕二先生を描いた作品を披露する田村大さん。(会場提供:松本松栄堂)

「絵を通じて夢のような時間を提供するのが自分の目標であり希望です。」

田村大オフィシャルサイトOfficial website of Dai TAMURA

【Instagramフォロワー数10万超え!】君は世界が注目するアーティスト田村大を知っているか。


コピック スケッチ ベーシック36色セット

田村大さんが彩色に用いているのは市販のペン「コピック」です。普通の人が使うペンで人を驚かせる作品を描きたい!のだそうです。

  1. 1
  2. 2