東北地方の「独特の暖房器具」がめっちゃ暖かそう!「見たことねぇ」「知らなかった」の声多数

2019/1/3 23:12 いまトピ編集部 いまトピ編集部

東北地方には、ほかの地方にはない独特の暖房器具があるそうです。

Twitterでは、お____ぎ (@muripo_life) さんが投稿したこんなツイートが話題になっています。





ファンヒーターの前にダクトホースを置いてコタツの中を暖めるものだそうです。投稿者さんは福岡、山口、大阪、東京と4箇所で生活した経験あるけど初めてみたといいます。


これに対し、ネットではこんな声があがっています。


・岩手や山形だとほぼ当たり前ですね…


・それめっちゃ熱くなるんですよねー


・愛知から出向で来てた人がめずらしがって近所へのお土産とかで何個か買ってました


・私は「おこターボシステム」と勝ってに命名しておりました


・宮城では見たこともないです。


・兵庫県北部はあるぞい


・石川県の親戚の家で見たことあります!


・福島県ですが、コタツとストーブある家にはセットで必ずあります。


・京都府北部にはあります


・岩手普通にたくさん見れますよ


・クソ寒い長野の田舎でも見たことねぇっす


・三重県在住だけどホームセンターで見かけますよ


・東京育ちは知りませんねコレ



コタツのスイッチはオフにしたまま、ファンヒーターの温風をコタツに送り込むもののようです。省エネ効果もありそうですね。ネットで検索してみると、かなり暖かいと紹介されていました。


Twitterユーザーの反応を見ると、東北に限らず全国的にあるようですが、とくに寒い地方ではよく使われているようです。ちなみに筆者は名古屋育ち、東京在住ですが、知りませんでした。


Amazonでも「温風ヒーター用省エネダクト」で検索するといくつか見つかりました。値段は2000円〜4000円ほどでしたので、気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか?


(いまトピ編集部:ヤタロー)