佐々木主浩夫人の榎本加奈子が超美魔女 「家なき子」コンビは「アラフォー美少女」?

2018/11/1 18:50 星野小春 星野小春




元プロ野球選手の佐々木主浩(50)の妻で、元女優の榎本加奈子(38)の公式インスタグラムにアップされた近影が「美魔女すぎる」と反響を呼んでいる。



榎本加奈子は10代でデビューし、正統派美少女として人気を博した元女優。2004年に佐々木との不倫交際が報じられ、佐々木の離婚が成立した2005年に結婚し、女優業を休止。同年に男児を出産し、2006年には第二子の次男も誕生している。



そんな彼女の公式インスタグラムには、夫の佐々木と仲睦まじい夫婦ツーショットが多数アップされている。



趣味の釣りを夫婦で楽しみ、馬主である佐々木の馬とたわむれるほのぼのとした写真からは、夫婦仲がよく幸せな生活が伺える。そんな榎本の姿は、アラフォーである38歳とは思えない若々しさ。佐々木の愛馬、シュヴァルグランは昨年のジャパンカップで優勝し8億円以上賞金をゲットした名馬と報じられている。



榎本も競馬場に脚を運び、いまだに美少女にも見える笑顔で「シュヴァルグランを応援してくださった皆様、ありがとうございました」と感謝の気持ちを述べている「若奥様」らしい1枚も。



若々しいだけでなく、お嬢様風の上品な佇まいも魅力的な榎本。昨今の美魔女ブームを思わせる「適度のコンサバで、正統派のおしゃれ美人ぶり」は、美容雑誌のモデルとしてもぴったり。



かつて大ヒットドラマ『家なき子』(日本テレビ系)で共演した安達祐実が「美少女のようなアラフォーママ」と度々話題になっている。童顔の安達とは別の方向性ではあるが、若さと美しさなら榎本も負けてはいない。華やかで上品な美貌はやはり野球選手の清原和博元夫人の亜希を思わせ、「ママモデル」活動のオファーも少なくなさそうだ。

(星野小春)