ビックリマンでは不採用!?…放射状プリズムの「ファンシー絵みやげ」(1/3)

2018/7/20 12:00 山下メロ 山下メロ

■ プリズムシールの世界

以前、ビックリマン悪魔vs天使シリーズのオマケ(ヘッド)として人気を呼んだ角プリと呼ばれるプリズムシールが、80年代90年代の子供向け観光地みやげ「ファンシー絵みやげ」でも使われていたという記事を書きましたが、今回はさらにビックリマンにもないプリズムについて紹介したいと思います。


↑ビックリマンのヘッドと同じく角プリを採用したカードダス20のSDガンダムシリーズのキラ。


↑ファンシー絵みやげにおける角プリを使用したキーホルダー。こちらは名古屋の東山動物園のコアラ。

■ 見たこともないプリズム

ファンシー絵みやげキーホルダーの基本はメタルプレートに印刷してエポキ樹脂をコーティングしたものですが、先に紹介した角プリのキーホルダーのようにコーティングされておらずシールを貼り付けたようなものがあります。

その中には、ビックリマン悪魔vs天使シール世代の筆者でも見たことのない模様のプリズムというものが存在します。その中でも特に珍しいと感じるのが放射状の模様です。


↑これが放射状の模様の山寺まんねんくんキーホルダー。

このように、漫画表現における集中線のような模様が特徴です。ホログラフの技術なため、見る角度によって色が変化し、少し奥行きが感じられます。そのため、このようにお寺の小坊主さえも、まるでディスコのダンスフロアの中心で、ド派手なライトに照らされたスターのようにフィーバーして見えてしまうのです。

    次へ

  1. 1
  2. 2
  3. 3