【西園寺C子の日々】浮気され…死にたい。独身女30歳「いのちの電話」に電話したら悟りを開いた件

2017/12/27 22:00 西園寺C子 西園寺C子




西園寺C子。(さいおんじしいこ)
30歳。女。独身。
なぜか"変わった人や事件"に遭遇する事が多い人生を歩んでいます。

本連載では、私を取り巻く珍事や性癖などについて書いてみることになりました。
どうぞよろしくお願いします。






突然ですが、皆さんは、秘密を抱えたことはありますか?


秘密と言うと聞こえがいいけど、私の場合はすごくチープで。

付き合っている人との関係を他人に明かせず、加えて、彼の人には言えない病的な浮気癖に悩まされていた時期がありました。



私は音楽制作をしており、彼はいわゆるマネージャー。

業界的にタブーと感じていたのか、ただ明かしたくなかっただけなのかは不明ですが、彼には「今はマネージャーと付き合っている事を明かさない方がいい」とずっと言われていて、疑問を持ちながらも友達にすら付き合っている事を言わずに過ごしていました。




彼とは同棲していました。
というか、彼は私の家に転がり込んでいました。

彼は初めて、私の音楽を認めてくれた人でした。

私はそれが嬉しくて、認めてくれた人を失うのが怖くて、許せない事が起きても「NO」と言えなくなってしまった。 いろんな可能性を自分の中で打ち消しながらその関係を続けていました。





ある日、深夜2時、3時を過ぎてもなかなか彼が家に帰って来ず。

そういう時は決まって「浮気なんじゃないか」と不安が爆発するのですが、彼はいつも「私のために音楽の営業をしていた」と言うので、毎回「それなら仕方ない」と納得させられていた私。

やっぱり冷静に考えると…うん、騙されていたと思う。



あまりにその回数が増えたので、しまいには吐きそうになる程泣いて、泣いて、泣いて、毎日不安で眠れないようになりました。

そうするとネットで「彼氏 浮気」など検索してみたり、時には「死にたい」とか検索してみたり。

今思えば「さっくり別れりゃいいじゃん」というような話なんですけどね。



その「死にたい」がどれほどリアルだったかは分からないけれど、単に、今しんどい、楽になりたい...と思いながらネット徘徊するうちに「いのちの電話」なるものにたどり着いたのです。



いのちの電話とは、自殺を止めるため話し相手になる、というすごいサービス。

しかも、24時間365日電話受付中と書いてあるのです。(発見当時)



これに辿り着いた時、正直ちょっといいな…と思ったんですよね。
そうだ、単に私は、話し相手が欲しい。と、
誰にも言えないこの辛さを、誰かにわかって欲しい。と、

そしてその「誰か」は、「全然知らない人」ならなおさらよかった。




ずっと泣いて目もパンパンで、眠れる気配もなくて、不安はとどまる事を知らず、混乱状態の中、突然見つけた希望の光、いのちの電話...!

エモーショナルになっているせいか、深夜に謎にテンションの高い状態で。



いのちの電話に対する期待値はどんどん上がり、気づけば私は電話をかけていました。 どういう風に今の辛さを説明すれば良いものか…とシミュレーションしながら。







プルルル...プルルル...







プルルル...プルルル...







プルルル...プルルル...







プルルル...プルルル...プルルル...プルルル...








………







繋がらない。








まあ、深夜だし、そういう時間かも知れないし、まあ、そういう事もあるかと、続けて2回目、3回目...






4、5回はかけました。











……










一切、つながらない...!!!!!








こんな、「誰でも救いますよ」という事を謳っているサービスに弾かれるとは!!

はかり知れない運の悪さ!!


藁をも掴むような気持ちで電話をかけてた私って一体...




バカらしくなって電話するまでの緊張感と、どこから来たか分からない謎の高揚感と、涙と、いろんなものが一気に消えました。

そしてどんなにドアの方を見つめてみても人の気配はなくやっぱり1人で、ホントにちょっと笑えてくる始末。



その後は息抜きに、youtubeとか、漫画とか、気を紛らわすものに意識を集中させ、なんやかんやで、いのちの切迫度は一切なく、普通に寝ました(寝たんかい)。


寝た頃に彼が帰ってきて、また起きてしまい、眠れなくなるというループでしたが...。




この時冷静になってわかったのは、こういう「負」のループを断ち切るには、結局は自分でなんとかするしかなくて、誰かにその手伝いを求めるうちは、全然先が見えないんですよね。

ましてや全く知らない人にその手伝いを求めた自分って...と思うと、どんどん恥ずかしくなってきて、彼に、

「なあ、今日あんたのせいで『いのちの電話』に電話かけたんやけど」

と言いたい気持ちは堪えて、みじめな自分ごとタンスの奥の方にしまい込みました。




こうして電話は一切繋がらなかったにも関わらず、私は悟りを開いたような状態になり、現状を冷静に見つめ直すことに成功したのでした。

いのちの電話、ありがとう。




西園寺C子


【ギリギリちゃんねる】
女子(メス)の性生活について西園寺C子とアネコが超ホンネトーク!
コラムでは話せないディープすぎる話はYoutubeで公開中!
※初回からディープすぎるので閲覧注意。