目が光る体が光る…「ファンシー絵みやげ」で振り返る夜光ガイコツキーホルダー(3/3)

2017/12/1 12:00 山下メロ 山下メロ

■ ファンシー絵みやげとガイコツ

ファンシー絵みやげに、妖怪やホラー要素のあるキャラクターは少ないのですが、どんなガイコツキャラクターがいたのでしょうか。


↑ピース ガイコツくんキーホルダー。ピースをしています。


↑スケルトングラフィティのシガレットケース。サーフボードを持ったガイコツ。右側を見るキャラクターはファンシー絵みやげに多い。伊勢志摩。


↑同じキャラクターの電子ライター。こちらも伊勢志摩。サーフボードは持っていない。背景は英字新聞か。


↑蓄光の立体二頭身ガイコツキャラクター。やはり右側を見ている。


↑どうも同じキャラクターに思えるため、スケルトングラフィティを立体化したものだろうか。

やはり、少しはガイコツキャラクターが作られていたのですね。

では最後にこちらをご覧ください。



こんなものも観光地の土産店で売られていましたね。

では、また次回。

(文と写真:山下メロ“院長”)

■ 保護のお願い

私は全国の観光地で保護活動を行っていますが、現地から消滅したファンシー絵みやげについては、皆様の家に残されたものが頼りです。もしご実家などの学習机の引き出しの中に眠っているものなどが見つかりましたら、是非ともご一報ください。ハッシュタグ #ファンシー絵みやげ での報告も待ってます。

《イベントのお知らせ》

プライベートな録音記録を聴く会~身内音楽とは何か

12月2日(土) 場所:新宿ネイキッドロフト
OPEN 12:00 / START 13:00
前売¥1,500 / 当日¥1,800 ※要1オーダー(¥500以上)

【出演】数の子ミュージックメイト(身内音楽コレクター)
【聞き手】山下メロ(ファンシー絵みやげ研究家)

他人に見られない前提の赤裸々な記録の数々…

世の中は、普通の人による音楽で溢れています。

体育館での合唱コンクール、市民ホールの演奏会、スナックや宴会場のカラオケ…… ミュージシャンではない、一般の人の演奏に触れる機会はそう多くありません。

しかし、そんな音の記録は、レコードやCD、カセットテープに残され、陽の目を見ることなく押入れと記憶の片隅にそっと眠っていたりします。

そうした一般人による歌、演奏、声が記録された音源を「身内音楽」と称し、発掘、共有しているのが数の子ミュージックメイトです。

今回のイベントでは、「身内音楽」とは何なのかを、音源を実際に聴きながらご紹介していきます。     


《番組出演のお知らせ》
スチャダラパーBoseさんの番組『さきどりBose』に出演いたしました。GYAO!にて無料で視聴いただけますので、リンク先より是非ご覧ください。

さきどりBose #18(番外編) 
山下メロがやってきた ファンシー絵みやげをご紹介!


   
《グッズ発売のお知らせ》
卒業生代表さんの民芸みやげ風な通行手形ICパスケースに、私がファンシー絵みやげイラストを描いた最高なコラボ商品が完成しました!ヴィレッジヴァンガードのオンラインショップで購入できます☆
【卒業生代表×山下メロ】通学手形ICパスケース


《関連リンク》

山下メロ“院長”の記事一覧


  1. 1
  2. 2
  3. 3