タカラトミーが涙の訴え、コンテストの応募者数が少なすぎて…

2017/11/9 17:57 いまトピ編集部 いまトピ編集部
10月に応募開始された「タカラトミー」の「スマイルフォトコンテスト」。

応募開始1ヶ月にも関わらず応募者が少なすぎるということでタカラトミーのTwitterアカウントが涙ながらに訴え、話題になっています。



「キャンペーンの応募件数、その数なんと…10件。」


応募数が驚きの少なさの10件…。

一体なぜそんなことになってしまったのでしょうか。








景品は応募者の中から3名分で、

最優秀賞   1組 「オリジナルパラパラマンガ動画」
ファミリー賞 1組 「JTB旅行券5万円分」
フレンド賞  1組 「JTB旅行券2万円分」

が用意されているとのことです。






「ぜひ…ご応募ください…(´;ω;`)」

その後も続く涙ながらの自虐ツイート。

その切ない現状に、

「悲しいけどスマホでゲームする時代だものな・・・」
「笑っちゃいけないってわかってます、でもだめだ面白すぎるwww」
「応募したいけど人生ゲーム実家だな~」
「泣かないで!もう少し待ってみて!」

という励ましやフォローなど数々の声がよせられています。






「もう…遊んでればいいよ…遊んでいれば…(´;ω;`)ブワッ」

ついには、いじけてしまったタカラトミーさん。

対象のジェンガ、人生ゲーム、モノポリー、黒ひげ、ツイスター、サイモンの中のどれか一つでも持っていないと参加できないキャンペーンのため、反響がよくなかったようですが、現在では自虐ツイートのかいもあり反響の様子。

もしも、対象のゲームを持っている方がいればタカラトミーさんを励ますために「スマイルフォトコンテスト」是非参加してみてくださいね。