超絶美女でも不倫略奪される…谷崎潤一郎2番目の妻が橋本環奈似?

2017/8/17 12:00 星野小春 星野小春




昭和の文豪・谷崎潤一郎といえば、妻やその姉妹をはじめとする美女に囲まれて過ごし、彼女たちをモデルに小説を執筆したことでも有名な人物。

生涯で3度結婚しており、『痴人の愛』のモデルになった最初の妻・千代の妹のせい子と、『春琴抄』『細雪』のモデルになった3番目の妻・松子とその姉妹は注目を浴びた。また、最初の妻の千代は、谷崎が、親友であった佐藤春夫に「妻を譲った」細君譲渡事件でも世間を騒がせている。



2番目の妻である丁未子は、ある意味3人の妻の中で最も「影が薄い」人物だ。谷崎のミューズとして作品に登場したという逸話もあまり聞かず、3番目の妻・松子に熱烈に恋をした夫に捨てられる…。

今で言うところの「ゲス不倫」の被害者でもある。しかし、実はその丁未子こそ現代の感覚で見ると一番の美女。インターネット上でも、橋本環奈や宮崎あおいに例えられる平成の人気女優風の麗人だ。


■朝ドラヒロインレベルに見える写真も

旧姓・古川丁未子は、昨今「ゲス不倫」という言葉を生み出し「文春砲」と呼ばれるスクープを連発する『週刊文春』発行元「文藝春秋社」の女性記者だった。谷崎の推薦もあったとはいえ、昭和初期に女学校を卒業し雑誌記者となった「キャリアウーマンの先駆け」のような人物像が浮かび上がる。その上、今で言う『朝ドラヒロイン』や『non-noモデル』を思わせる、目の覚めるような美女でもあった。




■他の妻も美女だが「昔の人」風

他の「谷崎のミューズ」も美人ではある。特に、丁未子から谷崎を略奪した松子や、女優になったせい子は華やかだ。しかし残された写真を見る限り、少し大きな顔といい、スタイルといい「大正・昭和の昔の女性」風であることは否めない。実際に昭和初期の写真なので当然ではあるが、そう考えるとよりいっそう丁未子のモダンなかわいらしさに驚かされる。




■平成の美貌を持つ昭和の女

丁未子のみ、現代のアイドルや女優の写真をコラージュしたのか? と目を疑うほど、小顔で華奢な「平成の美貌」を持っている。着物姿の夫婦ツーショット写真は、若い頃の沢口靖子や堀北真希を思い出す清楚な美貌。




■現代の美少女アイドル風

襟と袖に毛皮のついたコートを羽織ったスナップ写真は、小動物的な愛らしさ。瞳のキラキラ具合は少女漫画のようで、他の写真と比べると太っているにもかかわらず美少女アイドル風だ。




■編集者としての丁未子

女性編集者としての丁未子を描いた風刺漫画も残されている。「谷崎の小説のミューズではない、略奪不倫で捨てられた」、の2点から、3人の妻の中では冷遇された感のある丁未子。現代と昭和初期では美人の定義がかけ離れているのか? と首をひねりたくなる事実だが、記事を見る限り、結婚前はそれなりに寵愛を受けていたことが伺える。




■橋本環奈似というネットの意見も

もちろん現代でも、女性の魅力が容姿だけで決まるわけではない。しかしプロフールを見る限りでは、知性やセンスにおいても、彼女から谷崎を略奪した松子に引けを取るようには思えない。年齢も松子より若かった。



事実『この人たちの結婚』(講談社)を読むと、略奪した愛人側の松子が、妻であった丁未子のことを、

<「非常に知性の高い女性であったので分かりがよく、貴方の幸福の為に別れましょう、と云ってくれた」(『この人たちの結婚』より引用)>

と評している。「不倫している女性が妻に言うセリフか? 」と思える言葉だが、後に谷崎と生涯寄り添う妻になったゆえの「上から目線」かもしれない。丁未子ほど現代的ではないが、松子も色気のある美しい女性だ。現在残されている丁未子の写真より年齢が上であろう顔写真も、和服の似合う色白美人だ。



■何故丁未子ではだめだったのか?

谷崎より21歳も若く美しく知的な丁未子がなぜ捨てられたか? のヒントは、『谷崎家の思い出』(高木治江著・構想社)の中に描かれていた。

パンをかじりながら原稿をチェックするようなキャリアウーマン丁未子はあまり家庭的ではなく、料理が苦手だったとのことだ。




■せい子は妻でないから良かった?

とはいえ『痴人の愛』のモデルでもある「自由奔放なせい子」が家庭的であったとは想像し難い。せい子は葉山三千子として女優デビューまでさせているが、平成の感覚では丁未子のほうがはるかに女優級の美女だ。谷崎は結局、最初の妻の妹であるせい子には振られたとされている。「だからこそ執着した」側面はあったかもしれない。




■借金を抱えた時期の結婚だった

シンプルに谷崎の好みの問題なのか、性格的な不和なのか、経済的にひっ迫した結婚生活だったからか…。今となっては理由は定かではないが美貌の妻を捨て、谷崎は人妻であった松子に走る。






■かわいらしすぎる残された写真

実質2年に満たない結婚生活だが、夫婦で雑誌に登場した写真も残されている。「文豪の妻」と呼ぶには若くかわいらしすぎる着物姿だ。




■宮崎あおい似という意見も

Twitter上では、女優の宮崎あおいに似ているというコメントも見られた。「谷崎潤一郎の妻」、というより、「谷崎潤一郎の妻を演じる朝ドラ女優」のようにも思える。




■複雑すぎる女性関係

谷崎をめぐる女性たちは、関係性が複雑だ。妻だけでなく、その妹たちも含めると非常に入り組んでいる。そもそも、女性関係に「妻の妹」が2人も含まれる事態、普通ではない。




■女性は神でありおもちゃでもある?

「女性とは神であり玩具」といった名言でも有名な谷崎。2番めの妻・丁未子は、まさに「玩具」のように一方的に別れを告げられたと伝えられている。




■今なら文春砲集中砲火?

現代であれば、「W不倫からの略奪」と、丁未子の元勤務先である『文藝春秋社』に「文春砲」を打たれるゲスさだが、昭和初期の動乱のさなか「2番めの妻」の存在は忘れられた。




■読みたかった「美貌の妻の回顧録」

桐野夏生の小説『デンジャラス』(中央公論新社)では、松子の妹・重子を軸に谷崎の人物像が描かれている。『デンジャラス』はあくまで小説だが、重子が『細雪』のモデルであったことは明白だ。



「女好き」というにはあまりに病的な谷崎の性癖。そんな彼に「1番目と3番目のつなぎの妻」的扱いを受けた絶世の美女・丁未子。元記者であった彼女が、「事の顛末」を記事として残す時代でなかったことが、残念に思える。

参考
※この人たちの結婚―明治大正名流婚(講談社)
※谷崎家の思い出(構想社)




「近代芸能史を彩る美女たち」記事一覧

※100年前の美女の残像…ミュシャのモデルだったと言われる女性の写真まとめ
※90年前のセックスシンボル!クララ・ボウと20年代の陽気な文化
※骸骨を愛でる美女?ミュシャのミューズ「サラ・ベルナール」の奇妙な私生活
※100年前のNYナンバーワン美少女…服毒死した女優オリーヴ・トーマスの悲劇
※全裸より妖艶な裸サスペンダー…シャーロット・ランプリングの成長を追ってみた
※今はなき美女たちの残像…妖艶すぎる100年前の美女写真がすごい
※100年前の美少女を巡る三角関係…SM趣味の富豪夫が有名建築家愛人を銃殺
※19世紀から20世紀初頭のSEXYスター!バーレスクショーガールの写真まとめ
※100年前の官能的美女写真…ギブソン・ガールのSEXYすぎるボディライン
※この可愛い娘は南北戦争時代の女の子?神秘的な19世紀の美女写真
※怖い絵を描く女性画家はなぜ美しい?レオノーラ・キャリントンと美女達のゾッとする絵の世界
※ポスト松田聖子だった美少女・沢田富美子が数十億の資産を築くまでの波乱の半生
※13歳の覚せい剤と枕営業…美麗なる清純派ジュディ・ガーランドの闇
※【悶絶】日本映画史上最強のSEXYロリータ?過去の加賀まりこが妖精すぎた
※ボブ・ディランとアンディ・ウォーホルを虜にした60年代最強の妖精イーディ
※映画史上初めてヌードになった絶世の美女は天才理系女子だった
※あなたはどっち派?ビートルズの女VSストーンズの女・超絶美少女対決

(星野小春)