100年前のオカッパ美少女!コリーン・ムーアのパッツン前髪が可愛すぎる

2017/3/30 11:00 星野小春 星野小春

流行りのボブヘアではなく、典型的なオカッパ頭の似合う大人の女性、って、実はなかなかいないですよね。顔立ちが濃いとモード系になりすぎたり、逆に薄いと子供っぽくなってしまったり。おかっぱの似合う女性の顔は本当に可愛い! と言い切ってしまってもよいくらい人を選ぶ髪型です。



今回は、そんなパッツンオカッパヘアがラブリーすぎる、約100年前に活躍した美少女をご紹介します。



美少女の名前はコリーン・ムーア。1899年生まれの女優で、1920年代の流行最先端ファッションに身を包んだ“フラッパー”と呼ばれる“新しい女性”の代表的存在です。



大きな瞳と小動物のような華奢な雰囲気が可愛らしく、“フラッパー”の特徴でもある軽やかなボブがよく似合います。



どこか東洋人の血を感じる雰囲気のあり、日本のアイドルファンにも愛されそうなファニーフェイス。



1917年、18歳の頃には『The Bad Boy』、『Hands Up!』、『The Savage』などの映画に出演していますが、今からちょうど100年前になります。



オカッパヘアにする前の彼女の写真は、可愛いながら、当時の女優にありがちな雰囲気。



100年後の今となっては、上記の写真1枚では、オリーブ・トーマスやメアリー・ピックフォードなど、同世代の美少女との見分けがつかない没個性なかわいこちゃんです。(下の写真はオリーブ・トーマス)



しかし、フラッパーの特徴であるボブヘアにした途端、生き生きとして個性が発揮されます。最近あまり聞かない表現ですが、粋でおてんばなことをあらわす“おきゃんな娘”というレトロな言葉が似合う愛らしさ。





そんな彼女は、自身が所属する映画会社ファースト・ナショナル社のプロデューサーのジョン・マコーミックと結婚し、1934年に引退します。



その後投資家としても活躍し、4回の結婚を経て、1988年1月25日にカリフォルニア州で死没しています。




約30年前に亡くなった、100年前に美少女だった女性……。にもかかわらず、彼女の華奢な体から発するエネルギッシュなオーラは「新しい時代の女性」というイメージにぴったりで、“未来的”と“レトロ”が混在する不思議な魅力を感じます。


(参考)

※ Colleen Moore Project

動画




「近代芸能史を彩る美女たち」記事一覧

※骸骨を愛でる美女?ミュシャのミューズ「サラ・ベルナール」の奇妙な私生活
※全裸より妖艶な裸サスペンダー…シャーロット・ランプリングの成長を追ってみた
※今はなき美女たちの残像…妖艶すぎる100年前の美女写真がすごい
※あの永遠の処女も15歳で水着になっていた?昭和初期の水着美女達
※清楚可憐な“べっぴんさん”揃い!昭和初期の女子高生制服姿まとめ
※昭和の『君の名は』と言えば岸惠子!84歳の今も綺麗な絶世美女の若い頃まとめ
※19世紀から20世紀初頭のSEXYスター!バーレスクショーガールの写真まとめ
※早すぎた黒人女優?黒いモンロー“D・ダンドリッジ”のSEXYな美貌と歌声
※有馬稲子は短髪でも清楚でSEXY…昭和初期女優の真似したい髪型まとめ
※100年前の官能的美女写真…ギブソン・ガールのSEXYすぎるボディライン
※この可愛い娘は南北戦争時代の女の子?神秘的な19世紀の美女写真
※怖い絵を描く女性画家はなぜ美しい?レオノーラ・キャリントンと美女達のゾッとする絵の世界
※60年代ワンピブーム到来?「ビートルズ」&「ストーンズ」彼女達の着こなしまとめ
※ポスト松田聖子だった美少女・沢田富美子が数十億の資産を築くまでの波乱の半生
※13歳の覚せい剤と枕営業…美麗なる清純派ジュディ・ガーランドの闇
※【悶絶】日本映画史上最強のSEXYロリータ?過去の加賀まりこが妖精すぎた
※ボブ・ディランとアンディ・ウォーホルを虜にした60年代最強の妖精イーディ
※映画史上初めてヌードになった絶世の美女は天才理系女子だった
※あなたはどっち派?ビートルズの女VSストーンズの女・超絶美少女対決

(星野小春)