清水富美加だけじゃない?ブレイク寸前で消えた美少女品田ゆい・日向千歩・日南響子は

2017/2/16 14:20 星野小春 星野小春


連続テレビドラマ『仮面ライダーフォーゼ』城島ユウキ役としても有名な若手女優・清水富美加(22)が宗教団体『幸福の科学』に出家し、芸能界を引退する意思を表明し、話題になっています。

NHK連続テレビ小説『まれ』ではヒロインの同級生役を演じ、そのキュートな容姿とふんわりした雰囲気で人気を集めブレイク間近と思われていただけに、ファンのみならず芸能界全体に戸惑いの空気が広がっています。



思い返すと、過去にも、容姿にも実力にも恵まれ、芸能界で独自のポジションを築く寸前に引退した美少女が存在しました。今回は、そんな若手女優達3人を、懐かしい画像とともにをご紹介したいと思います。


■地元に帰ったあの清純派アイドルは女優復帰希望?

大手モデル事務所『インセント』に所属し順調に活躍していたにもかかわらず、2011年に突如活動を休止し、ファン達を騒然とさせた美少女といえば日向千歩。1991年2月17日生まれの彼女は、芸能界引退当時19歳でした。



人気モデルの登竜門とも言える集英社『non-no』の専属モデルをつとめ、京阪電気鉄道 のイメージガール4代目“おけいはん”のも選ばれ、BS-iのドラマではヒロインを演じるなど、清楚な美貌で男女ともに人気を集めます。



万人受けする素朴なルックスで、NHK朝の連続テレビ小説のヒロインのような爽やかさもあり、事務所的にも一押しといった雰囲気。まさにこれから……というタイミングでの突然の引退劇。



その後、徳島県の『アン・モデルエージェント』に所属し、地道に地元でモデル活動をしていたようです。



2014年放送にはドキュメントバラエティ番組『ウーマン・オン・ザ・プラネット』(日本テレビ系)で、女優復帰への意欲を語りました。




■10代とは思えない色気の日南響子の場合

雑誌『ニコラ』(新潮社)の専属モデルとして登場し、その後『non-no』(集英社)でも活躍、柴咲コウや北川景子も所属する大手事務所『スターダストプロモーション』一押しの美少女として大々的に売り出されていた日南響子の引退も、美少女ファンにはかなりショックな出来事でした。1994年2月6日生まれの彼女は、引退当時19歳でした。



女性誌ではその恵まれた容姿で少女達の憧れを一身に集め、特撮ドラマ『非公認戦隊アキバレンジャー』で初代アキバブルーを演じてからは男性ファンも急増。映画『桜姫』ではヒロインとして色気溢れる演技を見せ、10代という若さで、必要あれば脱ぐ事も辞さない度胸と演技力も話題になります。



しかし、2013年、立て続けに交際スキャンダルと交通事故に見舞われ、惜しまれながら事務所を退社します。



現在は、長かった髪をバッサリ切り、ミステリアスなシンガー、珠麟、として活動中です。




■ポストフカキョンだった品田ゆいは今

時はさかのぼり2000年、ポスト深田恭子と呼ばれ、多くの人気アイドル・女優を輩出してきた老舗事務所『ボックスコーポレーション』に所属して短期間でトップアイドルに上り詰めようとしていた正統派美少女・品田ゆいも、ブレイク寸前の18歳で引退しました。



1999年に大手スポーツ用品チェーンのCMでデビューし、たちまちその端正で華やかな美貌が話題になり、2000年には『天気予報の恋人』(フジテレビ系)でドラマデビュー。しかし、同年に、ゴシップ雑誌に喫煙をしていると思われる写真が掲載されたことをきっかけにあっさりと引退してしまいます。



その後、宝島者のファッション雑誌『smart』にYUI名義で登場するなど、マイペースでモデル活動をしていましたが、現在は、“ナチュラルビューティーハンター”として活動をされているようです。







■元朝ドラヒロインも突然の引退……

また、少女ではなく大人の女優で、すでに演技派女優としての地位を確立していたので番外編ではありますが、1982年生まれで、NHK朝の連続テレビ小説『オードリー』の主演もとめた清楚系実力派女優、岡本綾の引退も唐突でした。



2007年、「表現者としての限界を感じている……」という趣旨の言葉を残し、人気モデルや女優が多数所属する事務所『テンカラット』を退社し、2017年現在、復帰の話は聞こえてきません。当時妻帯者であった歌舞伎俳優、中村獅童の車に同乗していた、という報道が引退の引き金になったという説もありました。


上記の女優達に共通しているのは、彼女達ほどのポテンシャルを持ってすれば、やる気次第では芸能活動を継続できる状況であった、と思われることです。

ご紹介した中で、唯一、スキャンダルらしいスキャンダルの無かった日向千歩は、TV番組『ウーマン・オン・ザ・プラネット』(日本テレビ系)の中で突如芸能界から消えた理由を「精神的な疲れ……」と語っています。



今回の清水富美加の一件も含め、まだ幼さの残る細い肩に、大人の期待や生活をかけた大金を背負って過酷スケジュールをこなすには、運や美貌や才能だけでなく、並々ならぬメンタルの強さが必要になってくることを実感させられます。

自己顕示欲やスターになる夢と、プライドや心の平穏を天秤にかけ、後者が重くなってしまった時、身を守る方法のひとつとして“唐突な引退”の道を選ぶのかもしれません。


美女&美少女記事一覧

※本物の橋本環奈超えは大手事務所に隠れている?透明感抜群15歳・黒川心とは
※石田ゆり子の“大人女子会”に匹敵する?TVに出ない40代美女の集いまとめ
※20年に1人のアラフォー清純派アイドル?Eテレ岡田ひとみの清楚な色気
※ポスト松田聖子だった美少女・沢田富美子が数十億の資産を築くまでの波乱の半生
※全盛期ほしのあきを彷彿…モデル系ロリ顔&スーパーボディの馬場ふみかお宝画像も
※【悶絶】日本映画史上最強のSEXYロリータ?過去の加賀まりこが妖精すぎた
※加護ちゃん系?清楚なのにSEXYな舞妓顔ロリータ 秋月成美
※上戸彩との確執も噂された伝説の超絶美少女 高橋マリ子
※セカチュー時代の綾瀬はるかを思い出す?儚げな16歳美少女 本瀬まゆ
※全盛期に引退したあの人も…90年代薄幸系美少女まとめ
※女子アナになって欲しい?今本当にかわいい女子大生モデル&タレント


(星野小春)