西日本の人は「甘食」知らないって本当?ツイッター上で大論争に

2015/4/12 21:00青山ユキ青山ユキ





@yas_1130さんが投稿した、「甘食」の認知度についてのツイートが話題になっています。



UFOのような形の焼き菓子「甘食(あましょく)」について、ウィキペディアに「東日本では非常にポピュラーだが、西日本では存在さえ知らないという人が大半」と記述されているといい、大論争を巻き起こしています。

ウィキペディアの記述や、ツイッター上の「知らない」という声に対して驚きのコメントが寄せられていました。






●西日本での実際の知名度は?

西日本出身という人や、住んでいるという人から「普通に知ってる、売られている」という声が上がっていますが、







「知らなかった」「熊本に来てから見ない」などといった声もちらほら。







ツイッターのコメントを見ている限り、「西日本では存在さえ知らないという人が大半」というほど認知度が低いわけではなさそうです。


●東西の違い以外にも原因が?

また、地域差というよりも「スーパーに行かない層は知らないんじゃないか」「『甘食』という名前を知らないだけでは」という意見も。






●「甘食」が給食に!?東西で扱われ方の違いはありそう…

しかし、東日本の人と思われるユーザーから「コンビニやスーパーのパンコーナーに大小取り揃えておいてあるよ」「千葉に居た頃給食でよく出たよ」といったコメントがあり、確かに西日本ではそこまでメジャーな扱いはされていないかも…。





「甘食」の正確な分布や、地域差が生まれた理由を知るためには、より詳しく調べる必要がありそうです。

(青山ユキ)