27歳のとある日には「生まれてから10,000日目」がやってくる!その日とは…?→ネット民「お祝いしてあげたい」「いいこと聞いた」「知って良かった」

2022/9/29 22:30ヤタローヤタロー


赤ちゃんの頃は、お宮参りが生後31日~33日め、お食い初めが100日目のように「生後◯◯日目」という数え方をよくしますが、それ以降は生後の日数を数えることはなくなります。実は27歳って生後10,000日目を迎える記念すべき年齢なのです。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者さんは「まだ27歳になっていない人には必ず勧めている」こととして、「27歳と4ヶ月と16日目というのは生まれて10000日目」だそう。「桁が上がる最後の歳ですし、1.10.100.1000日は3歳までで通過します。10000日は盛大に祝ってみてはいかがですか?」とツイートしています。

なお、実際にはうるう年の関係で一概に「27歳と4ヶ月と16日目」とは言い切れず、10000日目は27歳と4ヵ月と少しを過ぎたあたりにやってきます。

日付計算(日付+日数)というサイトでは、誕生日を入力し、「+日数」に「10000」日と入力して「初日を数える」を選択して「計算」ボタンを押すと、自分の生誕10000日目がいつなのかがわかります。



この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。


















誕生日は毎年やってきますが、生後10,000日目という区切りの良い日は一生に1度のことなので、家族や友人、恋人などにサプライズでお祝いするのも素敵ですよね。海外では「10K a day」と呼ばれているようです。ちなみに20,000日目は55歳に、30,000日目は83歳にやってきます。







(いまトピ編集部:ヤタロー)