くら寿司で隣の老夫婦にタッチパネルの使い方を教えたら、帰り際にお礼として大トロを置いていったが…。ネット民「悪気はない」

2022/1/23 22:30ヤタローヤタロー


一部の回転寿司チェーンでは、食べ終わったあとに「会計」ボタンを押すと、店員さんが皿の枚数を数えて金額を算出するシステムを採用しています。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者のこぐれさん (@toshi_kogure) は、くら寿司で隣のテーブルにいた老夫婦にタッチパネルの操作方法を説明してあげたら、帰り際に「先ほどはありがとうございました。こちらをどうぞ」と大トロを置いていったそうです。こぐれさんは「有難くいただいたんだけど、これ、皿でカウントするから自分持ちやん…」とツイートしています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。





















このエピソードの老夫婦も決して悪気はなかったと思いますが、感謝の気持ちだけは受け取ってあげたいですね。

ちなみに、スシローの一部店舗では、客がレーンから取った皿をカメラでとらえ、AIが商品を画像認識して価格と数をカウントして自動で会計を行えるシステムを導入しているようです。このシステムの導入は20年10月に発表され、21年1月までに奈良三条店など全国3店舗で導入、21年9月末までに30店舗まで増えているとのこと。


(いまトピ編集部:ヤタロー)