ネットで飛び交う「クエン酸で歯を磨く」なんてことは絶対にやってはいけない!→ネット民「ゾッとする」「まじでやばい」

2021/10/21 22:30ヤタローヤタロー


SNSやブログではさまざまな情報や噂が飛び交っていますが、誤った情報もあるので、特に医療や健康に関する情報は鵜呑みしないように気をつけなければなりません。例えば「レモンに含まれるクエン酸で歯を磨くと、歯が白くなる」という話には要注意だそうです。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




トンデモ歯科情報と戦っている、気まぐれ歯科情報ななめ読みさん(@Moody_Dent_Info)は、「クエン酸で歯を磨いている」と思わしき激ヤバ情報を見つけたそうえ、「クエン酸はバリバリに歯を溶かしますので、この状態でブラッシングをすれば簡単にエナメル質でも削れまくります」と注意喚起し、「取り返しがつかなくなりますので、絶対にやってはいけません」と呼びかけています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。











歯の表面はエナメル質でできていて、その主成分である「ハイドロキシアパタイト」は酸に弱い性質をもっているそうです。確かに歯の表面にあるエナメル質が溶ければ少し白くみえるそうですが、とても危険だそうです。

重曹、セスキ炭酸ソーダ、クエン酸といったものは掃除で活躍することはよく知られていますが、「クエン酸で歯を磨く」といったことは絶対にやめたほうが良さそうですよ。


(いまトピ編集部:ヤタロー)