幼い頃抱いた「大人になったらヤクルトをペットボトルぐらいゴクゴク飲んでやる」という野望を実践した結果・・・

2021/10/15 22:30ヤタローヤタロー


古くからある乳酸菌飲料「ヤクルト」を飲んでいる人は多いことdしょう。でも、ヤクルトって容量が小さく、一般的な商品だと65mlしか入っていないため、物足りなさを感じる人も多いのではないでしょうか。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者さんは幼い頃、ヤクルトの小ささに疑問を抱き、「大人になったらペットボトルくらい用意してごくごく飲んでやる」という野望を抱いていたそう。大人になってそれを実践した結果、丸一日トイレの神様になったとのこと。そして「良い子は用量用法を守って正しくヤクルトしような」と呼びかけています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。


















ヤクルトに含まれる「乳酸菌シロタ株」は、生きて腸まで届き、腸内環境を改善するそう。一般的な「Newヤクルト」は容量65mlで、その中には200億個のシロタ株が含まれているとのこと。ヤクルトの公式サイトには、このNewヤクルトの1日当たりの摂取目安量は「1本」と明記されています。多く飲みたい人は、80mlの「ヤクルト400W」や100mlの「Yakult(ヤクルト)1000」が良いのではないでしょうか。


(いまトピ編集部:ヤタロー)