傘を持っていった7歳の息子、夕立のあとずぶ濡れで帰ってきた理由に、ネット民「感動」「何て素敵」

2021/9/9 22:30ヤタローヤタロー


雨が降りそうな日に出かけるときは傘を持っていきますが、夏は夕立にあうことも多く、ずぶ濡れになることも少なくありません。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




Acht-Achtさんの息子さん(7歳)は、夕立のあった日にずぶ濡れで帰って来たそうです。傘を持たせたのになぜ濡れたのか尋ねると、「傘を忘れた友達の女の子に貸した」「自分で決めたから自分が濡れるのは構わなかった」と答えたそうです。素晴らしいお子さんですね。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。

















暑い季節に降るにわか雨のことを「夕立」と言いますが、最近は「ゲリラ豪雨」という言葉もよく聞きます。どちらもメカニズムは同じだそうですが、その違いは「夕方に降る」のが夕立で、時刻に関わらず降り災害に結びつくほどの降り方の場合を「ゲリラ豪雨」と呼ぶそうです。


(いまトピ編集部:ヤタロー)