ビールの「炭酸抜いて」味わってみたら新境地だった

2016/1/25 23:59 大住 有 大住 有


みなさんビールは好きですか?

焼肉!餃子!ウインナー!お風呂上がりに!打ち上げに!

どんな場所でもツマミでも、我々に喜びを与えてくれる、


それがビール!!


と、前口上を述べさせて頂きましたが、何が言いたいかというとビールは最高だってことです。
そんな最高なビールをわたくし大住38歳、人生で飲んで飲んで飲んで飲んで飲み倒してきましたが、ある時ふと思いました。


ビールの炭酸抜いたらどんな味になるんだろう?


と。

飲み残しのぬるくなった炭酸抜けぎみのビールははっきり行ってマズイです。
しかし、キンキンに冷えたまま炭酸だけ抜いたビールは、けっこうイケるんじゃないの?


むしろ炭酸に邪魔されず、ビール本来の味を楽しめるんじゃない!?


そんな思いつきで、


(グリーンラベル)
炭酸抜きビールを味わってみたいと思います


グリーンラベルなのは僕が一番好きな「ビール」だからです。味が薄くて食事の邪魔しなくてジャブジャブ飲めるので日々愛飲してます。

ちなみに炭酸はペットボトルにビールを入れて全力で振って飛ばしました。
泡が載っかってるのでまだ炭酸あるように見えますが、単純に振った時できた泡でカプチーノの牛乳の泡みたいなものです。炭酸成分は皆無。



(クンカクンカ)

匂いは普通。
つーかじっくり匂いだけ嗅ぐとあんまいい匂いじゃないな……。

とりあえず味わってみます!


(ゴクリ)


……。

…………。




反応に困る味だな、これ


美味しくはない。確実に美味しくはないんだけど「マズイ!!」って言うほどでもないというか……。冷えてるし飲めないことはないけど、ワザワザ飲みたくないなぁってくらいの味というか……。
とありあえず、


「味が薄い」


もちろん炭酸抜いただけなんで、味自体は変わるわけではないんですが、炭酸の刺激がないのでボンヤリとした味に感じます。炭酸によるちょっとした酸味とか鼻に抜ける匂いが弱まってるとかも関係しているのかも。

ただ、グリーンラベル自体が元々かなり味の薄いものなので、これだけで炭酸抜きビールを評価するのも違うかなってことで普通のメジャーなビールでも試してみました。
(そもそもグリーンラベルは発泡酒だしな!)




試したのは、黒ラベル、スーパードライ、一番搾りの3種類。

で、結論からいうと



どれもこれも味が薄い!!


コーラだと炭酸抜けたら逆に甘く感じるのに不思議!!


味の薄さ以外は、炭酸抜けてるだけで、いつも通りの「味」っちゃ「味」なんだけど、ビール大好きっ子の僕がまったく飲みたくならない新境地の味になってます!

あと、味の薄さにも違いがあって、黒ラベルは結構濃い目で炭酸抜きでも飲めないことはないくらいの味です。逆にドライはめっちゃ薄く、炭酸ないとキツイなという感じ(ただグリーンラベルと比べるとビール3種はどれも炭酸なしでも美味しい方でした)。

炭酸を楽しむために、ビールって基本「味」は薄味になってるのかも知れません。


とりあえず今回、炭酸抜きビールを色々飲んでみて言えるのは、


ビールはシュワッ!としてた方が美味い


という当たり前の結論でした。


やはりビールは炭酸込でビールですね!





●おまけ


炭酸抜くためにめっちゃ振った時にできたキメ細かいモッコモコの泡が、全然消えなかったので食べてみたら美味かったです。


(底の方がより細やかで美味い)

カプチーノみたいに砂糖かけて食べたんですが、ホロ苦で舌触り滑らかで、シャリシャリの砂糖がより甘く引き立ちました。

炭酸抜きビールはイマイチだけど、副産物のモコモコ泡はおすすめです!



(いまトピ編集部 大住有)