出社前に佐賀への帰省を体験!(連載第十一回)

2014/9/10 11:00 日本エクストリーム出社協会 日本エクストリーム出社協会

こんにちは。日本エクストリーム出社協会です。

平日の早朝から登山、海水浴、温泉などのアクティビティをこなして出社する「エクストリーム出社」。
本連載「このエクストリーム出社がスゴイ!」では、様々なエクストリーム出社をご紹介していきます。

今回は、先日エクストリーム出社協会が佐賀県「FACTORY SAGA」とコラボして行った企画「出社前に佐賀への帰省を疑似体験! 〜エクストリーム女子の里帰り〜」の模様をご紹介します。





都内某所の古民家スタジオが舞台



「自治体とコラボしたら何が面白いかな‥」と考えたエクストリーム出社協会は、出社前に佐賀への帰省を疑似体験するエクストリーム出社を提案。8月某日の早朝、ドラマのロケでもよく使われる都内某所の古民家スタジオに佐賀自慢の食材と名産品を持ち込んで「佐賀の実家」を再現し、出社途中の会社員女子20名をご招待して帰省気分を味わってもらう「エクストリーム里帰り」を企画しました。

今回ホスト役を務めたエクストリーム出社協会代表の天谷窓大と椎名隆彦は、特殊なメイクを施して佐賀のおばあちゃんとおじいちゃんに変身。朝早くから「帰省」してくれた「孫」たちに佐賀のお米「さがびより」と「有明のり」で作ったおにぎりをふるまいながら佐賀弁で参加者のみなさんに話しかけ、エクストリームにふるさとの空気を再現しました。







親戚のあつまりにしか見えないけれど、平日の午前7時。



おにぎりをみんなで食べたあとは、佐賀県のさまざまな名産品にセレクトした一冊を合わせたセット「ほんのひととき」の体験会を実施。参加者女子のみなさんは、このセットでしか味わえない佐賀のいちご「さがほのか」の「つまめる粒ジャム」などを味わいながら、実家での読書タイムを満喫しました。





佐賀の名産品に書店員セレクトの一冊がついた「ほんのひととき」



都内の会社へ出社前だけど、ココロは完全に佐賀へ帰省中



縁側でシャボン玉遊びも



おしまいは縁側と居間で、おじいちゃんとおばあちゃんを囲んで記念撮影。 「佐賀出身じゃないのに、なんだかふるさとに帰ってきた気分!」「佐賀ってこんなにおいしいものが沢山あるんだね!」など、参加者のみなさんからは嬉しい感想を聴くことが出来ました。





「帰省」の記念に、おじいちゃん&おばあちゃんと記念撮影



シチュエーションをつくりこめば、帰省気分も味わえちゃう!そんな発見のあったエクストリーム出社でした。 後日この模様は、テレビ東京の経済情報番組「ワールドビジネスサテライト」でも放映。おばあちゃんに扮した天谷の映像には、大きく「佐賀のおばあちゃん」というテロップが入る、というオチまで付いてきました…。



FACTORY SAGA

ほんのひととき